ホーム > 新着情報 > 歩いて回ろう!おかやま城内(しろうち)エリア まち歩きイベント第5回《弓之町・天神町編》

V

歩いて回ろう!おかやま城内(しろうち)エリア まち歩きイベント第5回《弓之町・天神町編》

 爽やかな秋晴れの中、旧内山下小学校入口の受付に20名の参加者が集合。講師の話が後ろまで聞けないとの反省を踏まえ、今回はパナガイドというワイヤレス受信機を導入しました。最初は受信機に慣れない参加者もその威力に大変満足して頂きました。
 今回の案内人は、就実学園の石田省三先生。歴史が専門ということで街を見る感性も歴史的視点で深みとユーモアを交えた解説で大変楽しい街歩きでした。

画像



 旧内山下小学校を出発して石山公園、旭川沿いから岡山神社、出石町津山往来を北上して榎本神社へ。小社ながら境内の鳥居や石灯籠、手水鉢に刻まれている年代から歴史の深さを感じとることが出来ました。

画像



その後、就実学園の北に面した新鶴見橋から番町交差点の道路は二十日堀だったこと、普段は入れない中央小学校の校内に入らせて頂き、中央小学校の建設前に発掘が行われ、廿日掘(外堀)の調査が行われたことなど興味深い話を伺うことが出来ました。
 その後、番町交差点の手前を廿日掘(外堀)沿いに斜めに曲がり備前県民局の西側の道を南下し刑務所があった場所、清心女子校発祥の地の説明を受けました。

画像



そして、弓之町公園では文人画家として風流三昧の生活を送った浦上玉堂の石碑、土光公園を見学。音符が並ぶ富阪邸のベランダの前では青山副理事長が自慢ののどで宵待ち草を披露して頂きました。
 最後に、石田先生のお計らいで就実学園で休憩。お茶やお菓子のサービスを頂きました。また、高校生が制作した昭和9年の室戸台風の被害の記録を追ったビデオを見させて頂きました。今回は、就実学園で解散させて頂きました。