ダイエット中でもアイスを食べても痩せられるのか?食べる時間帯を決めて食べることをオススメします。

アイスクリームは体を冷やす効果もあるため、私自身は普段あまり摂取しません。しかし、適切な時間帯を選べば、ダイエット中でもアイスクリームを楽しむことが可能なのです。

アイスクリームは糖分が多いため、ダイエット中の方々にとっては摂取を控えるべき食品とされがちです。しかし、昼間に摂取することで、その糖分を活動エネルギーとして利用することができ、ダイエット中でもアイスクリームを楽しむことが可能になります。

ただし、アイスクリームの量と種類には注意が必要です。アイスクリームの種類によっては、摂取量が多くなりやすいものもあります。

この記事では、アイスクリームのダイエットへの影響、アイスクリームの種類ごとのカロリーや糖分の含有量、そしてダイエット中の適切なアイスクリームの摂取方法について詳しく解説します。

あなたのダイエットの成功をサポートするための有益な情報を提案しますね。

1 アイスが食べたく理由とは

アイスを食べたくなる理由は、多くの場合、暑い天候や体温の上昇による身体の渇きや温度調節の必要性によるもので、アイスクリームは、口の中で冷たい感触を与え、身体を涼しく保つことができます。

また、アイスクリームに含まれる糖分が、身体のエネルギー源となり、一時的なエネルギーを与えることができたり、アイスクリームは多様な味や食感が楽しめることから、ストレスや疲れを癒すための一種のリラックス方法としても利用されています。

それに観光にはご当地グルメとしてソフトクリームがアチコチで提供されているので一年中食べる方もいると思います。

そして、子どもから大人まで幅広い年齢層に愛され、親子や友人同士で楽しむことができるスイーツの一つでもありまが、ダイエット中は控えたいところですよね。

 

2 アイスは太る?

アイスクリームやアイスキャンディーなどの高カロリーなアイスクリームを過剰に摂取すると、体重増加の原因となる可能性があります

アイスクリームには、砂糖や脂肪、そして乳製品が多く含まれており、これらの成分は摂取しすぎると体重増加につながる可能性があり、アイス自体が太るとは限りません。

アイスは、摂取する量や種類によって、栄養素を補給する健康的なスイーツとしても機能することができます。

例えば、果物を使ったシャーベットや、低カロリーのアイスクリームも存在し、適度な量であれば、アイスはエネルギー源として役立ち、食欲を抑える効果もあるため、ダイエット中にも取り入れることができます。

総じて言えることは、アイスが太るかどうかは、その種類や量によって異なるということです。適度に摂取し、バランスのとれた食生活を心がけることが大切です。

 

3 太らないアイス

アイスクリームは、砂糖や脂肪、そして乳製品が多く含まれているため、過剰に摂取すると体重増加の原因となる可能性があります。

しかし、太らないアイスとして以下のような種類があります。

  1. フルーツシャーベット:果物をベースにしたシャーベットは、脂肪や乳製品を含まず、砂糖の含有量も少なめです。また、果物に含まれるビタミンや食物繊維が豊富で、健康にも良いです。
  2. ヨーグルトアイス:乳製品の中でも、脂肪分の低いヨーグルトを使用したアイスクリームは、低カロリーでありながら、タンパク質やカルシウムが豊富です。また、腸内環境を整える効果もあり、健康にも良いです。
  3. 低カロリーアイスクリーム:最近では、低カロリーのアイスクリームも増えてきており、人工甘味料を使っているものや、豆乳やアーモンドミルクなどの代替乳を使用しているものなどがあります。これらは、脂肪分や糖質が低いため、カロリーを抑えられます。

これらのアイスクリームは、太りにくいアイスクリームとして知られています。

しかし、過剰に摂取すれば太ってしまうこともありますので、食べ過ぎには注意し、バランスの良い食生活を心がけましょう。

 

4 アイスの成分

アイスクリームの基本的な成分は、乳製品、砂糖、卵、香料や着色料などです。以下に、一般的なアイスクリームの成分を示します。

  1. 乳製品:牛乳や生クリームがアイスクリームの主要な材料であり、脂肪分やタンパク質を提供します。また、乳糖(乳の糖分)も含まれています。
  2. 砂糖:アイスクリームの甘さを与えるために使用されます。砂糖の種類によって、アイスクリームの風味や質感が異なります。
  3. :アイスクリームに卵を加えることで、なめらかでクリーミーな質感を与えることができます。また、卵黄に含まれる乳化剤の作用によって、アイスクリームが固まりにくくなります。
  4. 香料や着色料:アイスクリームには、バニラやストロベリーなどの香料や、食品色素による着色料が使用されることがあります。

また、近年では、低脂肪や無脂肪のアイスクリームも増えており、これらの場合は、乳製品や砂糖の代わりに、植物性の材料や甘味料を使用している場合があります。

ただし、これらのアイスクリームには、炭水化物の量が多い場合がありますので、栄養成分表を確認することが大切です。

 

5 アイスはダイエット中どれぐらい食べていいの?

アイスクリームは高カロリーな食品であるため、ダイエット中に無制限に食べることは避けるべきですが、食べ方や種類によっては、適量のアイスクリームを食べることができます。

一般的には、1回の食事でのアイスクリームの摂取量は、1/2カップから1カップ程度に抑えることをおすすめします。

また、食事の中でアイスクリームをデザートとして食べる場合は、食事の栄養バランスを考慮して、他の食品とのバランスを取るようにしましょう。

アイスクリームの種類によっても、カロリーや栄養成分が異なり、例えば、フルーツやヨーグルトをベースにした、低脂肪や低カロリーのアイスクリームを選ぶことができますが、低脂肪や低カロリーであっても、食べ過ぎるとカロリーオーバーになってしまいますので、適量を守るようにしてください。

最後に、アイスクリームは高カロリーな食品であるため、ダイエット中に摂取する際には、適度な運動や、バランスの良い食事との組み合わせを心がけることが重要です。

 

6 アイスを食べる時間帯

アイスを食べる時間帯は特に決まっていませんが、一般的には食後やおやつの時間帯に食べることが多いです。

アイスクリームは、冷たさと甘さが食欲を刺激するため、食後に食べることで消化を助けたり、疲れを癒したりする効果があると言われています。

また、おやつの時間帯に食べることで、小腹が空いたときに満腹感を得ることができます。

ただし、アイスクリームに含まれる砂糖や脂肪分は高く、過剰に摂取すると体重増加の原因となることがあり、寝る前に食べると消化が悪くなり、太りやすくなると言われています。

したがって、アイスクリームを食べる際は、適量を守り、夜遅くまで食べないように心がけることが大切です。

① 夕方以降には食べない

ダイエット中にアイスクリームを食べるなら、朝から15時くらいまでがベストで、この時間帯は食べた物を消費しやすいため、太りにくいタイミングです。

遅い時間になるほど脂肪が蓄積しやすくなってしまうので、できるだけ早い時間に食べるようにしましょう。

② 夜中のアイスは避けよう

お風呂あがりの火照った体を冷やすアイスは至福のひとときですが、ダイエット中にはオススメできません

それは、脂肪合成を促す「BMAL1」というたんぱく質が、夜10時以降に急増するため、BMAL1は時間によって増えたり減ったりするためです。

 

7 ダイエット中に食べられるアイス

ダイエット中にアイスクリームを食べる場合は、以下のような点に注意することが重要です。

・ カロリーが低いものを選ぶ

・ 小さなサイズのものを選ぶ

・ 砂糖や脂肪分が少ないものを選ぶ

・ 天然の甘味料を使用したものを選ぶ

 

以下に、ダイエット中に食べられるアイスクリームの例をいくつか挙げます。

  • ヨーグルトアイスクリーム:脂肪分が少なく、プロバイオティクス(善玉菌)を含むことが多いため、ダイエット中におすすめです。
  • フルーツアイス:果物をベースにしたアイスクリームは、自然の甘味料である果糖を含みます。糖分が少なく、ビタミンやミネラルも豊富です。
  • 低脂肪アイスクリーム:脂肪分が少なく、カロリーも低めのアイスクリームです。ただし、代わりに糖分が多い場合がありますので、栄養成分表を確認することが大切です。
  • ステビア甘味料を使用したアイスクリーム:ステビアは天然の甘味料で、糖分がほとんど含まれません。ステビアを使用したアイスクリームは、カロリーが低く、糖分も少なく健康的です。

 

これらのアイスクリームは、適度な量で食べることで、ダイエット中でも楽しむことができます。

ただし、アイスクリームは高カロリーなお菓子であるため、過剰に食べることは避けるようにしましょう。

 

8 アイスの種類別カロリー

以下に、一般的なアイスクリームの種類別のカロリーの目安を示します。

ただし、製品によって異なるため、あくまでも参考値として捉えてください。

種   類 カロリー(100gあたり)
バニラアイスクリーム 約200-250kcal
チョコレートアイスクリーム 約250-300kcal
ストロベリーアイスクリーム 約150-200kcal
グリーンティーアイスクリーム 約150-200kcal
ヨーグルトアイスクリーム 約100-150kcal
ソルベ 約50-100kcal
低脂肪アイスクリーム 約100-150kcal
無脂肪アイスクリーム 約50-100kcal

また、アイスクリームのカロリーは、追加されたトッピングやソースなどによって大幅に増加することがあります。

ダイエット中の方は、カロリーの高いトッピングやソースは控えめにし、フルーツなどの低カロリーなトッピングを選ぶように心がけましょう。

 

9 太りにくいアイスのランキング

アイスクリームは一般的に高カロリーであるため、過剰な食べ過ぎは太りやすくなります。

ただし、以下のようなアイスクリームは、比較的低カロリーであるため、太りにくいとされています。

  1. ヨーグルトアイスクリーム:脂肪分が少なく、タンパク質やカルシウムが豊富なので、ダイエット中でも食べることができます。
  2. ソルベ:果物をベースにしたシャーベットで、砂糖の代わりに天然の甘味料や果糖を使用しているものが多く、比較的低カロリーです。
  3. フローズンヨーグルト:アイスクリームよりも脂肪分が少なく、プロバイオティクス(善玉菌)を含むことが多いため、ダイエット中におすすめです。
  4. 低脂肪アイスクリーム:脂肪分が少なく、カロリーも低めのアイスクリームです。ただし、代わりに糖分が多い場合がありますので、栄養成分表を確認することが大切です。
  5. 無脂肪アイスクリーム:脂肪分がほとんどないため、カロリーが低く、ダイエット中に食べることができます。ただし、糖分が多い場合がありますので、栄養成分表を確認することが大切です。

これらのアイスクリームを適量で食べることで、ダイエット中でもアイスクリームを楽しむことができます。

ただし、カロリーだけでなく、糖分や脂肪分も含めて栄養成分表を確認し、適度な量を守るようにしましょう。

 

10 まとめ

アイスクリーム愛好家なら、一年中アイスクリームを楽しむ方がいるのではないかと思います。

特に、バスタイム後のアイスクリームは格別であるとよく言われます。しかしここで注意すべきは、夜間に摂取するアイスクリームの糖分が、体内で脂肪として蓄積される可能性があることです。

特にダイエット中の方にとっては、アイスクリームの摂取時間を意識することが重要です。15時までにアイスクリームを摂取することで、消化活動が活発な時間帯に食べることができ、体への影響を抑えることが可能です。

これからのアイスクリームの摂取パターンを見直すことで、健康的なライフスタイルを維持しつつ楽しむことができます。

この記事では、アイスクリームの健康への影響、特にダイエット中のアイスクリームの摂取について詳しく解説しました。アイスクリームの摂取時間や消化についての情報を提供し、あなたの健康的なライフスタイルをサポートします。

お問い合わせはこちら

世界が認めた高品質なプロテイン
プロテインをお探しでしたら
こちらからお申し込みくださいね↓↓↓↓↓↓↓↓↓

be LEGEND

ティファール 電気圧力鍋 ラクラ・クッカー コンパクト ホワイト CY3

ご飯がなんと8分、煮込み料理もスイッチオンでそのままほったらかしで出来、
お料理時間が短縮されて、ダイエットにお役に立ちます!

ティファール ラクラ・クッカー コンパクト電気圧力鍋 CY3501JP